墓地を確保するのが難しい?納骨堂を使ってみませんか?

葬儀の価格

男性の喪服

葬儀の費用は高い。このイメージがある人は多いと思います。しかし正確にその値段の相場などをご存知でしょうか。葬儀のスタイルによっても価格は変化します。どれくらいの規模の葬儀をするか、ということを考えておきましょう。

人気の霊園は高い

合掌する男女

一般的な葬儀費用で平均100万円程度は必要だとされています。さらにその費用に加えて、墓石や墓地の区画の購入にも費用が必要です。特に人気の霊園などでは抽選などもあり、さらに高額になってしまいます。

新たな供養の方法

悲しむ女性

墓地にかわる、新たな供養の方法として注目されはじめているのが、納骨堂です。納骨堂は、墓地と違って、墓石や広大な土地を必要としません。とくに東京のような大都市では、墓地を確保するのが、遺族にとっても悩みの種となっています。東京のような都会だと、人気の霊園は、抽選となることもあります。また、たとえ抽選にあたったとしても、高額な費用の負担が発生することになります。そうした背景もあり、納骨堂は、お墓にかわる供養の形として、注目されているのです。納骨堂は、寺院などがもうけているのが一般的です。東京都内にも、納骨堂を設置している寺院は少なくありません。納骨堂は、永代供養だけでなく、一時的に遺骨を保管しておくこともできます。また、費用の面でも、一般的な墓地に墓石を立てるよりも、負担が少ないといわれています。そのため、東京のような大都市を中心として、納骨堂を選ぶ人が増えているのです。最近では、寺院などに納骨堂が完成すると、すぐに完売するほどだといわれています。もともと、納骨堂は、奈良時代からあったといわれています。とくに、東京など大都市に人口が集中するようになり、墓地の確保が課題となっています。そのため、納骨堂は遺族のニーズに合致する存在となっています。最近では、公営の納骨堂も設置されるようになって来ました。また、公営の納骨堂であれば、宗教や宗派に関係なく、供養することができます。さらには、納骨堂の形態もさまざまです。ロッカーと同じような形式となっている「ロッカー式」の納骨堂や、自動搬送式の納骨堂、また、棚式、仏壇式の納骨堂まであります。

料金を抑えられる

数珠

葬儀を少額で済ませるとなれば方法は「家族葬」や「直葬」でしょう。そのほかにかかる費用として墓地の区画を使用する料金などがあります。これを抑えるために利用されているのが納骨堂です。

トピック一覧

花 「墓地を確保するのが難しい?納骨堂を使ってみませんか?」のトピック一覧です。

↑ PAGE TOP